自宅のインターネット回線を見直して節約する方法

アクセス数

現在の閲覧数
iwerq

インターネットの契約を見なおして節約する方法を紹介します。
今契約している回線を2年以上使っている方、これから新規に契約する方にお得になる方法を紹介します。
数年前と比べてインターネットの環境は変わりADSLから光回線に変えても値段はそんなに変わらない時代となってます。
また数年前ではネット接続はADSLか光回線しか選択道はありませんでした。
近年ではLTE回線の整備がされてモバイルのWi-Fiルーターを使ってネットをする方が増えています。
モバイルでの通信速度は光回線と比べると遅いですがADSL並かそれ以上の速度がでます。
スマホとの相性もよくスマホよりも高速な回線を持ち運び通信量無制限でどこでもストレス無く動画サイトやゲームを楽しむ方もいます。
このページでは通信回線の選び方、料金の考え方、キャッシュバックを貰える会社を紹介します。

ネット回線の選択肢
おおまかに分けると3種類あります。
①ADSL 固定回線 料金:2,000円~3,000円程度 通信量:制限なし 速度:10Mbps~30Mbps程度
今は規模が縮小されていく傾向がありますが値段が安いのが魅力です。
自宅にとりあえずネットを引いて
おきたい方にオススメです。
高速通信ではないため少しストレスが発生することがあります。
主にインターネットの利用はニュースサイトの閲覧やブログやツイッターの投稿がメインな方に向いています。
一番値段が安いですが値段が安いだけあって速度も十分に出ません。
節約をするのならばADSLが良いですが、YouTubeやニコニコ動画等の動画サイトを見た時高画質ではスムーズに再生できない為、ストレスが溜まります。
全く見れないわけではありませんがとにかくネットさえ見れれば良いので値段を安くしたい場合はADSLの選択をオススメします。

②モバイル通信 料金:1,000円~5,000円程度 通信量:1GB~制限なし 速度:契約内容による
モバイルルーターやスマホを使って、パソコンと接続しインターネットを楽しむものです。
通信する量によって値段は変わりますが、外出先でネットを閲覧したい場合やほんの少しだけネットが見  れれば良い方によってはオススメします。
お金をもっと払えば通信量は増えますが、自宅にネット回線を
引いた方が安上がりになります。
モバイル回線の為、電波が良くないと通信速度がでません。

③光回線 固定回線 料金4,000円~6,000円程度 通信量:制限なし 速度40Mbps~2Gbps程度
現在のネット環境で最高に良いものです。値段も高くなくストレス無しでネット環境を得られます。
①と②を比べると通信速度が圧倒的に早く何もストレスを感じる事がありません。
値段はどうしても高くなってしまいますが速度に関しては何も不満なく使うことができます。
YouTubeではHD再生よりも更に高画質の4K2Kの動画の再生だってスムーズに再生することができます。
高速な回線で快適にネット環境を使いたいという方は光回線をオススメします。当サイトでは節約面でも光回線をオススメしています。
3種類の中で一番高いですが、契約時にもらえるキャッシュバックによって、①ADSL並の料金を実現できます。
詳細は下方に記載しておりますので是非ご 覧下さい。

①から③の選択肢を表にするとこのようになります。

 種類ADSLモバイル回線光回線
速度10Mbps
(遅い)
契約内容による
( 高速)
100Mbps以上(最速)
料金 3000円前後 4000円前後 5000円程度
メリット 値段が安い外でも使える 最高速度でネットを楽しめる 
デメリット速度が遅い 電波の影響有り料金が高い 


c00088-001g

通信回線の選び方

通信回線選び方のポイント
・料金を比較する
今契約しているインターネット料金と、これから契約しようと思ってる予算を比べます。
ADSLならば2,000円~3,000円程度、光回線ならば4,000円から6,000円程度です。
同じネットの種類(ADSL・光)であっても通信速度はプロパイダーによって異なる場合があるので料金が高いから早くなるとは限りません。
大体どれを選んでも同じですが、自分が使いたいオプションが用意されていたり、キャッシュバックの金額の差でプロパイダー会社を選ぶことができます。

・必要な回線速度を検討する。
自分がインターネットを使うときに必要な速度であるか調べる必要があります。
WEBサイトを見る・ツイッターをやる・ブログを更新する程度であればモバイル通信で問題ありません。
光回線が必要な場合は、対人戦のオンラインゲームをする・大きな容量のファイルをダウンロードする・頻繁に動画サイトを見る場合は速い回線が必要となります。
パソコンを使用しているときは大容量のファイルをダウンロードする機会はあまり無いと思いますが、PS4やパソコンを使ってゲームをダウンロード購入するときに必要となってきます。
一個のゲームのダウンロードで1ギガ(1000メガ)以上のファイルをダウンロードすることは珍しくありません。
モバイル通信でもファイルのダウンロードすることができますが、多くの通信量と時間を犠牲にすることになります。
またモバイル通信で対人戦でオンラインゲームを遊ぶと回線が遅いためゲームの情報取得・送信にラグが生じてしまい他のプレイヤーに迷惑をかけてしまいます。
スマホのゲームでツムツムやパズドラのように誰かと一緒にプレイするようなゲームではモバイル通信で問題ありません。

出張や外出が多い方・とりあえずネットが使えれば良い方→モバイル回線がオススメ
外でもネット回線を使いたいという方にはモバイル回線をオススメします。
モバイル回線を持てばカフェやホテル等でモバイル回線とパソコンを持ち込んでネット回線を使うことができます。
出張が多くホテルで暇つぶしでネットを使ったりセキュリティーの関係で無料のWI-Fi回線・共有のネット回線を使えない場合はモバイル回線が必要となってきます。
モバイル回線を契約でオススメするのはWiMAXの契約をオススメしています。
WiMAXの契約をする場合、ルーターをレンタルして使うことができます。
自分で端末を用意する必要がないので手軽に申し込むことができます。
その上、WiMAXは高速かつ通信量無制限に使用できる契約がありコストパフォーマンスが高いです。

オススメの会社
GMOとくとくBB WiMAX2+が月額2,760円(税抜)~! 9月末までの契約でキャッシュバック有

通信速度は最大370Mbpsの速度が出るルーターを借りることができます。
自分でルーターを探す必要がないので値段に納得できるならばWiMAXがオススメです。
ADSLよりも高速通信のため自宅の回線をWiMAX一本で済ます事も可能です。
固定回線+モバイル回線よりも、WiMAX一本(モバイル回線)で済んでしまえば固定回線分の費用が浮くため節約できます。

WiMAXのデメリット
山奥や家の中心部(窓から離れた場所)では電波を受信できなくなり通信速度が極端に落ちてしまいます。
都市部かつ、ルーターを窓際に設置することで最大限活用できます。

WIMAXが用意しているプランは2つあります。
①GMOとくとくBBギガ放題プラン (2年間の縛り契約あり)
1ヶ月間の通信量の制限なしのプランです。
しかし、混雑緩和の為、3日で3GB以上の利用した場合制限がかかります。
制限解除後は通常通りに使えるようになります。
料金
事務手数料 3,000円
初月 無料 1ヶ月~2ヶ月目 2,760円(税抜)
3ヶ月目~24ヶ月目 3,414円(税抜)
25ヶ月目以降 4,263円(税抜)

②GMOとくとくBB WiMAX2+ライトプラン (2年間の縛り契約あり)
月間の通信量が7GB制限があります。制限を超えると128kBpsに速度制限されます。
料金
事務手数料 3,000円
初月 無料 1ヶ月~24ヶ月目 2,760円(税抜)
25ヶ月目以降 3,609円(税抜)

auのスマートフォンを持っている方には上記の①または②の料金から最大934円(税抜)が割引!

■キャッシュバックキャンペーンについて
期間:2016年9月30日(金)まで ※このキャッシュバック特典の申し込みできる期間です
対象:期間内に「GMOとくとくBB WiMAX 2+接続サービス」をお申し込みいただいた、GMOとくとくBB新規ご入会の方
特典:1)端末受取月の月額料金が無料
特典:2)端末受取月の翌月からずっと月額料金が586円割引
特典:3)WiMAX2+端末代金が0円
特典:4)契約する端末ごとにキャッシュバック特典で貰える金額が異なります。

↓契約に関する詳細・割引に関する条件・申し込みについては下記をクリックして下さい。↓

その他、通信量は無制限で無くても良いからもっと安く使いたいという方には、格安スマホを使って節約する方法を紹介しています。
格安スマホを契約すると3GBで1,000円前後で使用できます。
↓詳しくはコチラをクリックして下さい。↓
スマートフォンの回線見直しで節約する方法

家でのネット環境を充実させたい方 →光回線(フレッツ光)がオススメ
ネットをするのに何不自由ない環境を整えたい方には光回線(フレッツ光)をオススメします。
YouTubeでの動画視聴、動画投稿・オンラインゲームで遊ぶときは高速回線であればあるほど恩恵を受けることができます。
外ではスマホで少しネットが見れれば良いが、家では速度・通信制限を気にせずガンガンネットを使いたい方にもオススメです。

光回線(フレッツ光)の速度について
最高のネット速度を使える反面、月に支払う料金が一番高いです。しかし、光回線(フレッツ光)を契約するとキャッシュバックを貰うことができます。
毎月支払う料金からキャッシュバックを引くと2年間の総額を見ると月に4,000円程度で収める事ができます。(キャッシュバックについては下記に詳細があります)

フレッツ光は光回線を契約すると100Mbpsの速度はでます。
・・・と広告ではそのように大きく表示していることが多いですが、選んだプロパイダーによっては時間帯によって速度を調整する会社があるようです。
速度の調整は携帯電話と同じでベストフォーエイトといって同じ地域に住んでいる方が平均して回線速度を保つために速度を調整します。
速度を調整することによって100MBの速度が出るはずなのに
半分程度の速度が出なかったりします。
ひどいところではADSL以下の速度になるプロパイダーもあるそうです。
せっかく光回線を選ぶのなら、速度の調整があまりないプロパイダーを選ぶ必要があります。

キャッシュバックについて
フレッツ光を契約する際にキャッシュバックを貰える事がよくあります。
家電量販店
の場合では光回線を契約するとパソコンが半額程度の金額になったり、家電が1円で買えてるというのがキャッシュバックの代わりとなります。
この
場合は家電の割引でキャッシュバック扱いをしてますがネットの申し込みだと現金によるキャッシュバックが貰えます。
フレッツ光を契約するときにちょうど欲しい家電がある場合は良いかもしれませんが、欲しいものがないにもかかわらずパソコンを1台買っても仕方がないです。
現金のキャッシュバックを貰うのが一番良いです。

キャッシュバックの詳細
西日本と東日本ではキャッシュバックが貰える金額が差があります。
西日本では光回線の契約が充実しており、競合他社との差を付ける為にキャッシュバックの金額を多くしてお客さんを得られる努力をしているそうです。
一方東日本では、そんなに競争は激しくないためか同じ契約で西日本のキャッシュバックの金額と比べると1万円差が出てくるともあるそうです。
地域による差は仕方ないですが、今住んでいる地域で一番お得に契約できる会社を選ぶと良いです。

月に支払う料金とキャッシュバックの考え方について
当サイトの考え方ですが、2年間契約したときの総額からキャッシュバックを引いた額でプロパイダーを選びます。

(例1)
月額料金が3500円 キャッシュバックが40000円だとして・・・
3500×24ヶ月=84000円
そこからキャッシュバックを引くと44000円になります。
44,000円を24ヶ月で割ると1,833円になります。

(例2)
月額料金が4000円 キャッシュバックが55000円だとして・・・
4000×24ヶ月=96000円
そこからキャッシュバックを引くと41000円になります。
41000円を24ヶ月で割ると1708円になります。

例2の方が月額料金が高いですが、キャッシュバックの金額を計算すると総額では例2の方が安くなりお得になります。
プロパイダーによって月額料金が少し変わりますが、キャッシュバックを含めて考えると契約の際に参考になると思います。
また、実質月2000円以下になりADSL並みの月額料金となるともいえます。

契約時の注意点
ネット回線にも1ヶ月の使用料金が安くなる変わりに2年間契約になっている場合があります。
携帯電話と同様に、更新月の場合は解約料金がかからない月があります。
また、キャッシュバックの金額は時期によって増減します。
一番高い時期にキャッシュバックを受け取りたい所ですが、更新月の関係とキャッシュバックの金額を把握して検討してみて下さい。

キャッシュバックが貰えるフレッツ光の契約はこちらから↓

もっと高速な回線が欲しい方にはNURO光をオススメします。
NURO光は現在提供されているネットサービスの中で最速のネット回線が提供されています。

【NURO光】業界最速!キャッシュバックキャンペーン

回線速度はなんと2Gbpsとなっています。
映画のダウンロードや動画のアップロードはあっという間に終わってしまう速度です。
キャッシュバック30,000円を1ヶ月後に必ず貰うことができます。

料金
① 2年縛りあり 4,743円(税抜)
サービス提供エリアは東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、栃木県、茨城県です
(一部エリアを除く)。

↓NURO光の詳細についてはコチラをクリックしてください。↓

契約年数について
フレッツ光の契約は携帯電話の契約と同じで2年や1年単位で契約をします。
契約期間内に解約をすると1万円近くの違約金が発生する場合があります。
光回線なので速度で問題はないと思いますが、1年以内に引っ越しの予定があったりする場合は注意が必要です。
また2年の契約が切れた場合携帯電話と同様にプロパイダーを別の会社に切り替えてキャッシュバックを貰うのが良いです。

 

最後に
インターネットの回線選びはとても重要で、失敗してしまうとしばらくの間はその回線を使い続けなければなりません。
失敗したと思ってすぐに別の回線を引くことになると解約金や工事代金で1万円の単位で請求がきたりします。
速い回線を契約したのにも関わらずネットをあまり使わなければ持ち腐れになってしまいますし、
遅い回線を選んでしまってストレスが溜まるようでは回線選びの失敗で後悔をしてしまいます。

それぞれのデメリットやメリットを理解して選択して下さい!

タイトルとURLをコピーしました